天心1日ワークショップのお知らせ


 天心1日ワークショップ

1日ワークショップは、平日に時間がとれない方や、遠方の方のために、日曜日に開催する、1日集中のワークショップです。
男女とも参加できますので、ご夫婦の参加も大歓迎です。
初めて参加する方は初心者コースから、そのあと経験者コースに進みます。
初心者と経験者コースはそれぞれ日程が異なりますのでご確認下さい。


  初心者のための1日ワークショップ
  
経験者のための1日ワークショップ




初心者のための1日ワークショップ


 初心者のためのワークショップです。自分癒しのスタート地点に立つための基礎をお伝えしています。心と体のつながりや自分の中にある色々な気持ちに目を向けてみることなど、初歩的なワークを中心に行っています。自分と向き合う旅は始まったばかり。ゆっくりと自分のペースで進めて行くのが、逆に近道だったりしますので、どうぞ焦らずに進んで行きましょうね。怖がりさんも安心してご参加ください。 もちろん、すでに体験している方も大歓迎です。基礎をもう一度復習したい方もお待ちしています。
 初めての方は、このワークショップからになります。初心者のためのものですが、経験者の方の参加も大歓迎です。 4ヶ月に1度、隔奇数月に亀戸会場で開催しています。
 
また、この時間はいずれも保育ができませんので、お子さんは預けてきてください。

*同じ日に経験者も方も参加できますが、初心参加者のペースに合わせてゆっくりとやりたいと思いますので、ご了承ください。



【資格】 天心に初めて参加する方。
      男女とも参加できます。

【月日】 
     2017年7月16日(日)、11月19日(日)、3月18日(日)。
      (年3回、 お見逃しのないように)

【時間】 午前10時から午後4時まで

【定員】 12名

【会費】 7,000円(1回毎)

【会場・申込方法】 

【体験者の感想】

☆★☆1日ワークショップ(初心者)参加者の感想☆★☆

☆★☆
 自分の身体を道具にするということが思っていたよりも楽でした。言葉で解説しなくてもそのままでいいからなんでしょうか?
 人との関係の中で技法を持っていることも力になると思いますが、自分の生身の身体も道具。身体がどう受けとめてるのか、感じてるのか、とりあえず自分がわかってることが、とても大事なことと改めて思いました。

☆★☆
 自分自身を相手に上手に表現することがとても苦手で、いつも相手のことを気にして言葉をかけていたり、職場でもお客様に言葉かけをしてました。自分を上手く表現できるようになると、もっと自分自身が楽に人間関係を築けるのかと思います。もう少し天心を知って学んでいきたい思いになりました。またよろしくお願い致します。


☆★☆
自分と向き合うことをせずに今まで過ごしてきましたが、いざ自分の気持ちと向き合うと、恥ずかしさ、恐れなどが出てきて、これがさまたげになっているのかなとも思いました。天心を続けて、自分と向き合い、自分を癒して、自分を解放できるようになればと思いました。



経験者のための1日ワークショップ

 初心者のための天心1日ワークショップに1度でも参加したことのある方は参加することができます。おとな心を立てて自分の癒しに取り組むことを、参加者同士で助け合う自助互助が、天心の極意。自分自身とのつき合うに長けていけるよう体験を重ねていきます。おおよそ2ヶ月に1度偶数月の第三日曜日に、亀戸会場で開催します。


【参加資格】 初心者天心1日ワークショップにすでに参加した方
         天心ワークショップまたは天心集中講座に参加した方
        
男女とも参加できます。

        

【月日】 2017年4月16日(日)、5月21日(日)、6月18日(日)、
      7月16日(日)、8月はお休み、9月17日(日)。
       (経験者の1日は、偶数月に開催しています)

【時間】 午前10時から午後4時まで

【定員】 各12名

【会費】 7,000円(1回毎)

【会場・申込方法 

【体験者の感想】


☆★☆1日ワークショップ(経験者)参加者の感想☆★☆

☆★☆
 今日は「“おとな心”を立てて、気持ちに線を引く」ということがテーマだったと思いますが、少し難しかったです。
 そこのところが分かるようになると、もう少し楽になるのかなぁ?と思いました。何かつっかえているものがあるような気がするので、いつ出会えるか楽しみです。
 それと、“母へとつながる”ワークでは、「母に甘えたいのに遠慮してしまう」癖がよくわかりました。真実のお母さんに言いたいことが、半分くらい言えたので、スッキリな空になりました。今後の変化が楽しみです。


☆★☆
 今回の一日天心のテーマは、“おとな心を立てる”でしたが、私がまず最初に驚いたのは、阿部先生が冒頭で「おとな心を立てるには、カンタンなこと! 『立てる!』と決めたら良い」とおっしゃったことです。
 なぜなら、2年近く前になりますが、抱っこ法の初級講座をきっかけに、まだまだ浅いレベルでありますが、さまざまな経験をさせて頂きました。その過程で、自分を開放し、ダダこねをさせ、言い分を聞きながら、現実生活の中で、その時々で、何とか、折り合いをつけてきました。ただ、心の中の豆つぶ程度の小さな「私」が、「このダダこねは、とても大切なことにまちがいはない!ということはわかったけれど、底なし沼のようで、いったい、いつどうすれば、どうなるというの?」とぶつぶつ言っていることに気づいたのです。そんな私に『朗報でーす』と、ひとつの“知らせ”が唐突に舞い込んできたかのような感じがしました。
 “おとな心を立てる!”と決めてから、何が変わったかというと、部屋割りがきちんとされているかのように、私の心の中での折り合いのつけ方が、少し上手になったようで、一段と心が軽くなりました。ありがとうございました。
 「青空を実感するワーク」では、紙の上にマジックで気持ちを書き出し、その上に乗って味わい、また次の紙に書いていき、最終的にはほんの少しの青空を感じることができました。毎回、少しずつ新しい発見があり、確かに前進している気がしています。一歩一歩ゆっくりと進んでいきます。

☆★☆
 感想を書こうとして、昨日(ワークショップの日)のメモを見ていたら、“線をひく”ことと、“自分のペースを守る(あるいはお互いのペースを守る)”ことは同じじゃないか‼と気づきました。“線をひく”と言うと、あなたと私は別、と言うみたいで淋しく辛い感じがしますが、“お互いのペースを尊重しあう”ということなら、それが私の求めていたことだし、つまり自分は昨日、“自分のペースを守った”のだから、“線がひけたんだ!”と思えて、嬉しく納得できました‼ まあ、通常は相手があることで、そこにも色々なせめぎあいがあるのでしょうが…。でも、まずは自分自身からですよネ⁉
 息子の抱っこがきっかけで、自分の親との問題に直面し、親との問題を何とかしたいと思っていると、息子との問題に自然と焦点が当たる…当たり前かもしれませんが、改めてそれぞれがつながり合っているんだナーと実感しました。私自身が自分の気持をうまくもてなしてあげることが、両親や子どもを大切にすることにもつながるならば、こんな嬉しいことはないと思います。
 今まで“線をひく”というと、“我と我の醜いぶつかり合い”がイメージされ、罪悪感がありましたが、昨日の先生のお話しやワークを通して、各々、別の存在が、別々だからこそ、いたわり合い、かかわりあう、というイメージに変化してきました。そうした感じが、確かなものに育っていくよう取り組んで行きたいです。


☆★☆1日ワークショップ(経験者)参加者の感想☆★☆
 天心をしてそんなに気持ちが沸いてくるのかな?といまいち半信半疑な所があったのですが(前回1日初に参加しました)、出てきました、いろいろな人が…。泣かせていただきました。実生活にどう活かすことができるか今ははっきり言えませんが、娘を抱っこしたいという気持ちと、父と少し話してみよう(バリアーを少し外してみよう)という気持ちが生まれました。前回の時はだんなさんへの気持ちが出たのにも関わらず、忙しかったので本人に取り合ってもらえなくて不完全燃焼だったので、今回は自分で実行してみようと思います。
バスの運転手と車掌さん両方がいての自分ということは目からウロコな感じでした。運転手のみのバスが暴走していたので…。しかも乗っ取られまくりで。家庭におけるおじいちゃんおばあちゃんの存在のごとく、自分の中にも車掌さん(明るく笑顔で“まあまあ”となだめてくれる)を設けたい(キャラクターを自分で作ってみようかなー)と思いました。目で客観視できたのも新鮮でした。まだまだいろんな人がいると思うので少しずつ出会っていきたいです。

☆★☆
 天心のことは心のケアや抱っこ法などの講習でちょっと体験したことはありましたが、1日通しての体験は初めてでした。
 本当に、人は自分自身のことに気付いていない、大事にしていない部分が多々あるなと思います。日常に追われせかせか動いていて、自分を見つめる機会も時間もつくれず過ごしてしまっています。1日の中でもそんな時間をつくるのは難しいですが、うまいこと時間を作ったり、危ないなと思ったときは天心をやろうと思います。まだ勘違いしている部分もありますが…。天心もですが、この関係の研修はいつもほっとできてリフレッシュできる空間で大好きです。また参加したいと思います。


☆★☆
 阿部先生に肩に手を添えられただけで涙が出そうになるのがとても不思議です。
 三人目の子の夜泣きは“親思い”の泣きだったなんて、思いもよりませんでした。自分の親思いの気持ちをもてなしていこうと思います。
 主人への思いから父への思いに気持ちが動いて、真実の父を立てて天心をすると、“こわい”気持ちがわーっとあふれました。「“こわいけど〇〇してほしかった”に広げてみるといいよ」とアドバイスをもらい「おこっても、あやまってよしよししてほしかった」と言うとスーッと気持ちが楽になるのが分かりました。真実の父に、言葉ではなく体でたたいたり押したりしてダダをこねても、真実の父が受けとめてくれて、すごくうれしかったです。もっともっと言いたかったけど、遠慮してしまいました。(笑)でも今日初めて、父に言いたいことが言えて、その初めの一歩がふみだせて、とてもはれやかな気分です。私も言えるんだ!
 一緒にワークをしてくださったみなさん、わしおさん、阿部先生ありがとうございました。そして夜泣きしてこの場に導いてくれた我が子に感謝です。またこれからも参加しようと思います。


会場

  

★ 天心1日ワークショップの会場

 = 亀戸会場 =

 七田チャイルドアカデミー 亀戸教室

  → JR亀戸駅バスターミナルより徒歩1分

 

★ 天心のつどい会場

 = 千葉会場 =

 草の根はりきゅう治療院

  → JR五井駅 西口より徒歩4分



お申し込み方法


 参加をご希望の方は、
 住所 ・ 氏名 ・ 電話番号 ・ 参加する集いの名称・参加動機 を明記して、
 e-mail か FAX か 郵便で、
  〒290-0056
  千葉県市原市五井1537-1
   草の根はりきゅう治療院内 天心の会事務局

     TEL/FAX  : 0436-23-7566


  e-mail  : tprj@tenshinnokai.com (コピーして@を半角にしてね)
 までお申し込みの上、
 参加費を郵便振替で、

 (口座番号) 00170-1-655027

 (加入者名) 天心の会

 宛てまで送金してください。


TOP

  「お知らせ」メニューへ