天心体験記 
不思議な体験

不思議な体験

先日はありがとうございました。
不思議な体験をして、とってもすっきりした気分です。

当日一週間前から子どもが高熱を出し、私自身も体調が悪く、少し迷いながら出席させていただきました。不安と期待−−。

グループに分かれてワークを始めると、他のグループの人たちの声、泣き声、叫び声。ちょっと不安になって、自分のときはどうなるんだろう、と考えていました。
同じグループの人へのサポートも、「これでいいのかしら……」と迷うだけ。しかし、みなそれぞれ、自分を見つめているのがわかりました。

いよいよ私の番です。手は動かす気持ちはないのに動いているのです。他のグループの人が「産まれる前の感じ。胎内で気持ちいい感じ」と言っていたのが気になっていたため、手を動かしながら、「あー、これが胎内の感じか、気持ちいい」と思っていると、体が小さくなりました。体育座りになり、そのあと側臥位になり、その時頭を押さえられている感じが苦しくて、(出ようとしている……、産まれるのかな)その時から自然に涙が出ていました。

自分を見つめるというか、自然に、勝手に体が動いているのです。遠い昔の記憶なのでしょうか。「男の子を希望していたところに女の子。顔も見なかった」という母への涙が、声を出さずに流れたのでしょうか。

そのあとは、後ろで支えてもらい、呼吸が苦しくなってきました。ボーッと苦しい。(なぜこんな呼吸?ぜんそくのときの苦しさ?)と思いながら、「Y先生」と心で叫んでいるのです。(言うのは恥ずかしいな。でも言わずにはいられない)
Y先生に抱っこされると、今度は手をグーにして、背中をたたいていました(ごめんなさい)。大きな声で泣きました。止めようとしても止まらないのです。(息子も、泣くときはこんな感じかな)スーッとしました。

心が高ぶっていて、何か話したいという感じです。不当に自分を見つめさせられると言うより、自然の動きでそれに気づくという感じでした。(これでよかったのかな)とも思うのですが、気分はよいのです。

しかし、家に帰ると2日間ほど体が不調で、息子には当たってばかり。これも何かの影響? やさしい気持ちになるには自分の中にイライラもあり、(ムー、難しい。暑さも原因?)頭痛、肩こり、腹痛、腰痛、咳、倦怠感……。我慢していたものが全部出てきた感じです。
ほんとに不思議な体験でした。

次回が楽しみです。


            体験記目次へ  次へ